必要な日数

普通自動車免許の場合、取得できるのは18歳からで、仮免許も18歳までは取得することが不可能です。
普通自動車免許取得にかかる日数はもちろん人によって異なりますが、通学の場合は2~3ヶ月ほどかかることが多いでしょう。合宿免許の場合は効率よく予定が組まれるため、2~3週間ほどで終了します。
どちらの方法でも同じカリキュラムが行われるので、自分の都合や予算に合わせて選ぶようにしましょう。

学科教習課程は26時限、技能教習34時限の受講が義務づけられているため、計画性をもって受講します。学科については1日に受けられる時間が制限されていないため、自分の好きなように受けることができます。そのため、モチベーションの高い人であれば、短期間で終了してしまうこともあるでしょう。

ただし、技能教習に関しては1段階で1日2時限まで、2段階でも3時限までと制限があります。また、この3時限までというのは、連続しない場合に限られます。
当然ながら、ただ決められた時間教習を受ければいいというわけではありません。カリキュラムによって決められた運転技術が習得できなければ、先に進むことはできないのです。
教習所が混雑していると予約がとれない場合もあります。そのため、免許を習得できるまでに要する期間は人によってちがってくるのです。


路上教習から免許交付

仮免許が交付されたら、路上での教習を受けることができるようになります。
路上で実際に走行するとともに、方向転換や縦列駐車、高速道路での運転などさまざまな技能を教官に教わりながら学びます。
学科では応急処置や安全運転をするために必要な知識を広く学びます。11~26教程までありますが、どの順番でもかまいません。

それらがすべて終わると、卒業前学科効果測定が行われます。これはこれまでのすべての学科教習から出題される試験です。
卒業検定として最終試験も実施されます。路上で試験が行われ、減点方式によって点数がつけられます。70点以上で合格です。

その後は運転免許試験場で学科試験を受けることになります。学科試験は住民票のある地域にある運転免許試験場で受験します。
○×形式で100点満点中90点以上で合格に至ります。内容はこれまで自動車教習所で学習してきた内容なので、それほど苦戦することはないでしょう。ただし合格率は70%ほどで、落ちることもあるので、注意が必要です。インターネット上には試験の問題集なども多数あるので、試験対策として予習しておくと安心です。
合格者は運転免許証のための写真撮影を行い、そのあと交付されます。


入校から仮免許交付

自動車教習所が決まったら、入校手続きを行います。身分証明書や写真、住民票などを持って行き、手続きを行います。
必要なものはあらかじめ確認しておき、用意しておきましょう。自動車教習所によっては入学金がこの時点で必要となることもあるので、準備しておきます。
手続きが終わって入校説明が行われたら、つづいて適性検査や学科教程が行われます。初日の学科教程では基礎的な交通ルールを学びます。

学科では標識や用語、交通法規など運転に不可欠な知識を学習します。学科は2~10教程までありますが、受ける順番は自由です。
校内で行われる技能では、実際に車を運転して動き方や走行方法を習得します。クランクやS字カーブなどさまざまな技術を学び、最短でも15時限を受けることが義務づけられています。

仮免学科効果測定は仮免試験に合格可能かを図るための模擬テストです。修了検定では校内の検定コースを利用して、教官が実際に採点します。これは試験なので、授業とはちがって教官のアドバイスはまったく受けられません。
仮免学科試験では正誤式で50問出題され、45問以上の正解で合格に至ります。これらの試験に合格すると仮免許が付与され、路上に出ての実習に入ることができるようになります。


運転免許証のとり方

運転免許証というと自動車教習所で取得するというイメージが強いですが、自動車教習所に通っただけでは運転免許証を取得することはできません。
通常は、公安委員会が公認した指定自動車教習所に一定期間通い、運転に必要な知識や運転技術を学びます。その後、技能試験を受けて合格することで、晴れて卒業ということになります。そして運転免許試験場で学科試験を受験して、合格するとはじめて運転免許証が交付されます。
この方法がもっとも主流で、普通自動車免許取得者の大半がこの方法を選択しています。

そのほかに、指定外自動車学校に通学し、技能試験や学科試験を運転免許試験場で受験する方法があります。あるいは、自動車学校には通学せずに、試験に合格するという方法もありますが、選択する人はほとんどいません。
自動車教習所はたくさんあるため、どこに入学するかわからないという人もいるでしょう。通学可能期間や費用で比較検討するのが一般的ですが、それぞれの教習所が提供しているサービスもチェックしてみるといいかもしれません。

教習車として高級車や電気自動車を導入しているところ、待っている間にマッサージやネイルサービスが受けられるといったように、オリジナリティのあるサービスを展開している教習所が増えています。
また、入校時から卒業まで教習予約が確保されている合宿免許もおすすめです。短期間で卒業できるうえに、通学より費用が安く設定されていることもあり、学生や若い人にも人気があります。

本サイトでは自動車教習所に通った場合のおおまかな流れについて見ていきます。運転免許証取得に興味がある人、これからとりたいと思っている人は、チェックしてみてください。

Link・・・合宿免許.com|運転免許の教習所、自動車学校、ドライビングスクールをご紹介